2009年06月26日

求人情報から会社を詳しく調べる

面接を受けてみたい会社を求人情報誌でチェックしたら、そこがどんな会社なのかよく調べてみましょう。

その会社が作っているホームページや発行している書籍に目を通すという方法や、実際に会社に行ってみることもできます。

そこで働けるかもしれないという会社ならば、どんな雰囲気でどんな人たちがいるのか、知っておきたいものです。

雑誌の求人欄を凝視しているだけでは、わかりえない部分もあります。

求人情報と会社の環境を何度か見ていれば、看破する力も増してきます。

ところで、求人情報に記載されている会社に対するクチコミを真に受けるのは、あまり感心しません。

客観的な情報を得られるとは限らず、歪められた情報しかないこともあります。

すべての噂が的外れだとは言えませんが、あくまで聞き流す程度に止めてください。

優柔不断な人はなおさらです。

それで不安をあおられ、せっかくの求人情報を逃がす恐れもあります。

会社のことについて聞いてみたいことがあるなら、直接相手に聞くといいでしょう。

身元を明かさずに質問だけをしたいという場合は、フリーアドレスを使ってメールで質問をしたり、公衆電話を利用して電話番号が見られないようにすることです。

就職した後でこんなはずじゃなかったと悩まぬように、求人情報はすみずみまで目を通し、臆することなく事前に質問を投げかけることも必要なことです。

posted by reo at 08:00| 雑学 仕事就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

求人情報を探す方法について

求人情報は、インターネット上のサイトや各種の雑誌に掲載されていますが、個別に傾向があります。

求職情報を調べる方法はいくつかあります。

ネットや新聞の求人情報だけでなく、地元で発行されるフリーペーパー雑誌広告などもあります。

どんなもので求人を調べると、自分の向かいたい方向性に合う情報が手にはいるかという点も、段々わかってきます。

知人から進められた情報がまさに求めている求人情報だったり、全くベクトルが違うこともあります。

見当がつかないうちはまずはどんな求人が存在するのかを見てみることもいいでしょう。

求人情報の中には、人材登録をしたり、その会社の求人情報をもとに就職をしたりすると、粗品やお祝い金をくれるところもありますが、それはあくまでオマケとして考えましょう。

そのオマケに釣られて、安易な気持ちで仕事を決めるのはあまり感心できません。

オマケ要素は楽しみの1つになるかもしれませんが、重要視すべきことは自分の求める条件にできるだけ合致する会社に雇ってもらえることです。

フリーペーパーやサイトでの求人情報もいいですが、新聞や折り込みチラシに入っている求人情報にもいい情報があるかもしれませんので、確認する習慣をつけましょう。

もしかしたら思わぬ出合いがあるかもしれません。

求人の情報は、あちこちに、色々な形で目にすることがあります。

求人情報を活用して、望み通りの仕事につくことができれば嬉しいですね。

posted by reo at 08:00| 雑学 仕事就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。