2008年11月20日

褐色細胞の活性化で太りにくい体質に

「スポンサードリンク」

ダイエット成功のためには、褐色細胞を活性化させましょう。
年を取ることでカロリーが脂肪として蓄積されやすくなりますが、それは、体内の褐色細胞が加齢効果によって失われていくためです。
脂肪が盛んに代謝される人は脂肪がつきにくく太りにくい体質ですが、これは、褐色脂肪が活性化しているためです。
体内の褐色細胞が十分に活性化されていないという人はカロリーが消費されずに脂肪になってしまいます。
褐色細胞の働きは遺伝子によって操作され、褐色細胞に関わる遺伝子が変異してしまっている人の場合、基礎代謝量が低く太りやすい体質になっているようです。
褐色細胞の遺伝子は日本人の約30%で変異をしており、脂肪を溜め込みやすい体質です。

↑(ここをクリックすると大きな画面になります)

体脂肪の減少を目指すには、遺伝子を変えることは無理ですから、褐色脂肪を活性化させるという観点から考えるといいでしょう。
褐色細胞を活性化させるためには、寒さや冷たさ等の寒冷刺激を与える事がよい様です。
適度な刺激を与えるために、18度ほどの水で泳ぐなどしてみましょう。
褐色細胞の活性化をより促すためには、日中は元気に活動し夜中は早めに就寝してぐっすり眠るなど、めりはりのある生活習慣を送るといいでしょう。
子供の頃から寒い環境で育ったり、薄着でいることが多かったという人は、効率的に体温を上げるために褐色脂肪が活性化されやすくなっているようです。
逆に厚着で過ごしたり、エアコンで調整された快適環境で育った人は、褐色細胞の活性度が低い脂肪蓄積型の体質になるそうです。

シークレットノウハウレポート


◆女性にうれしいアルバイトです!◆

posted by reo at 20:00| 雑学 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞

「スポンサードリンク」

白色細胞と褐色細胞という2種の細胞が脂肪細胞にはあります。
脂肪を蓄える油滴で構成されている細胞が白色細胞です。
この細胞にはたくさんの脂肪が溜め込まれます。
女性はウエスト回りに脂肪を溜めやすい体質になっていますが、これは妊娠時に子宮を守るためなのです。
皮下脂肪量が過剰になった肥満皮下脂肪型肥満といい、体の形状が下半身太りになる傾向があるので、一般的に洋ナシ型肥満と呼ばれています。
皮下脂肪の過剰な蓄積は、老化現象の1つとも言われるセルライトの生成促進にも繋がります。
男性の場合は、内臓に脂肪が溜め込まれやすくなるようです。
これは、比較的がっしりとした骨格の内部に脂肪が溜まりやすいためです。

↑(ここをクリックすると大きな画面になります)

男性がなりやすい肥満のタイプは、内臓のまわりに脂肪がつくパターンなので内臓脂肪型肥満といいます。
外見の形からリンゴ型肥満ともいいます。
生活習慣病への危険度という観点からいうならば、内臓脂肪型肥満の方が糖代謝異常や脂質代謝異常に気をつけなければいけません。
脂肪を蓄えるという機能からいえば、褐色脂肪細胞は白色細胞ほど脂肪を溜め込めません。
一度に蓄積できる脂肪量には限りがあります。
白色細胞とは働きが大きく異なり、細胞内の脂肪をエネルギー変換する細胞です。
褐色細胞が活発に動いている体では、脂肪は盛んに分解し放出されています。
脂肪を効果的に燃焼させるためには、褐色細胞が盛んに作用し代謝を促すようにするとダイエットに役立ちます。

◆◆ あなたの「異常食欲」の原因と改善 ◆◆

posted by reo at 12:00| 雑学 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。