2009年06月08日

パリ市、ダライ・ラマ14世に名誉市民号 中国の反発必至

中国政府はダライ・ラマをチベット分離主義者として非難。ダライ・ラマとのいかなる公式会談も、内政干渉だとする立場をとっている。

ダライ・ラマ「死の謎」を説く
価格: 780 レビュー評価:3.0 レビュー数:1
角川文庫 角川ソフィア文庫 著者:ダライ・ラマ(14世)出版社:角川学芸出版/角川グループパブリッサイズ:文庫ページ数:215p発行年月:2008年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)死とは新しい人生を己が手にする時の到来である?。チベットの精神的指導者、ダライ・ラマが死とは何かを切り口に、「輪廻転生」の死生観を通して、チベット仏教をわかりやすく語る。転生の法則、煩悩からの解放、平常心の境地、真実の愛、至福の喜び…、死をどう受け入れるかは、そのまま、どう生きるかに繋がると説き、仏陀の精神の本質を明らかにする。チベット仏教入門に最適の書。【目次】(「B


posted by reo at 10:03| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。