2010年10月28日

サプリメントで薔薇の香りになる仕組み

飲むフレグランスといえるのが、薔薇のサプリメントです。

自分を魅力的に演出することが、薔薇の香りのサプリメントを飲めば可能になるかもしれません。

サプリメントを飲むと薔薇の香りがするのはなぜでしょうか。

ローズオイルが薔薇のサプリメントの成分で、これらは薔薇から抽出したものです。

ローズオイルに含まれているのは、ゲラニオールという香りの成分です。

汗腺から汗とともに口や腸から吸収されたゲラニオールが放出されると、良い薔薇の香りがするようです。

香りが良くなる効果以外にも役に立つ成分が含まれているのが、薔薇のサプリメントの特徴です。

美しい肌にしてくれ、女性の美容に役立ってくれるのが、ビタミンEやビタミンA、グレープシードオイルなどの成分です。

サプリメントを飲んでから10分で溶け出すように、薔薇のサプリメントの中には液体封入透明カプセルが使われているものもあるといいます。

このサプリメントは、薔薇の香りを最大限に楽しむ事が出来るように作られているといえるでしょう。

薔薇のサプリメントの中には、ローヤルゼリー、アルギニン、クエン酸、アスタキサンチンなどの美肌成分を配合し、もっと美容に役立てられるようなものもあるようです。

お風呂に入れてアロマオイルとして活用したり、お菓子づくりの際の香りづけに利用することも、液体カプセルのサプリメントであれば、薔薇のサプリメントの香り成分はローズオイルなのでできるといいます。

薔薇の香りのサプリメントを、いろいろ使い方を工夫して、活用してみるのもおすすめです。


posted by reo at 10:50| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

和解案受け意見書提出−B型肝炎訴訟で原告側(医療介護CBニュース)に注目

こんにちは!
今回の気になる最新ニュースは
解案受け意見書提出−B型肝炎訴訟で原告側(医療介護CBニュース)
に関するニュースです。


Yahoo!ニュース
解案受け意見書提出−B型肝炎訴訟で原告側(医療介護CBニュース)


 集団予防接種での注射器の使い回しでB型肝炎に感染したとして、患者などが国に損害賠償を求めている訴訟で、全国B型肝炎弁護団・原告団は10月26日、被告の国側が12日に提示した解案を受け入れられないとする意見書を札幌地裁に提出した。



 この裁判では、国側が今月12日に解案を提示。▽死亡・肝がん・肝性脳症や腹などが現れる重症の肝硬変の患者には2500万円▽重症以外で比較的症状が軽いとされる軽症の肝硬変の患者には1000万円▽慢性肝炎の患者には500万円-を解金として支払うなどとしていた。また、症状が出ていない無症侯性キャリアについては現時点では解金を支払わず、発症した場合には症状に応じて支払うとしている。



 意見書は、同日行われた札幌地裁での解協議の場で提出された。



 この日の解協議を受け、厚生労働省で記者会見した弁護団の山添健之弁護士は、「死亡時の賠償額が2500万円は低すぎる。薬害肝炎救済法や一般の交通事故などの死亡賠償額を基準に考えて、4000万円を下回ることは受け入れられない」と主張。また、「(無症侯性)キャリアについて、賠償金を支払わないのは納得がいかない」などと述べた。



【関連記事】

和解案、到底のめない?全国B型肝炎訴訟弁護団

集団予防接種「未接種」は1.6%―1964年の世論調査で

肝がんと肝硬変、死亡患者に「4000万円の和解金を」

肝炎対策指針、策定は年明けに―厚労省

6ワクチンの定期接種化を提案?予防接種部会小委作業チーム





解案受け意見書提出−B型肝炎訴訟で原告側(医療介護CBニュース)
に関するニュースはいかがでしたでしょうか?

これからも旬な話題をお届けしていきますのでまたお立ち寄りくださいね!


ニュースを動画で見る!




--------------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ie8/
posted by reo at 11:02| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。